ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

災害緊急支援

Readyservice

2019.10.28

【千葉・緊急支援】記録的短時間大雨~台風15号の被害への影響~

日本(台風15号(千葉)) 災害緊急支援

10月25日午前、千葉県で記録的短時間大雨情報が報告されました。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が、台風15号の被害の緊急支援を展開している千葉県鋸南町においても、土砂災害警戒のため避難勧告が発令されました。

千葉県富津市から鋸南町にかけて、大雨後の様子を視察した際の様子です。山に囲まれた地域であることもあり、斜面が多い影響か、道路の一時冠水箇所も多く見られました。斜面のいたるところで細い滝のように水が流れ、また、木の枝が道路に落ちていたり、川の斜面から道路側に木が倒れたりしている様子も見られました。加えて、木の根が露出し、その周りでは、土砂災害の前兆とも言われる、地面から水が吹き出す現象も発生。

冠水した道路
地面から噴き出す水
川に架かるように倒れた倒木
濁流と化した川の様子

幸い、大きな土砂災害には至らなかったものの、台風15号で屋根の損壊を受けた家庭では、雨漏りの被害が報告されています。

PWJは、台風15号発生直後から千葉県南部に要員を派遣し、鋸南町を拠点としてボランティアセンターの運営を支援する中で、特に破損した屋根にブルーシートを張る支援の調整を行ってきました。ボランティアセンターが調整する技能ボランティアに加え、県が調整する自衛隊、消防、建設業協会と連携しながら数百件のご自宅にブルーシートを張り支援を実施してきましたが、強風被害、台風19号による影響と、一度張ったブルーシートの張り直しが必要な状況が発生しています。被害家屋が多いため、業者による屋根の修理が追い付かない中で、ブルーシートによる一時的な補修の需要は依然高い状況です。

ブルーシート展張作業1
ブルーシート展張作業2

屋根の修理、ブルーシート展張が施されていない家庭で心配されるのが、屋内でのかびの発生とそれによる健康被害。台風15号から1か月半以上が経った現在、雨漏りが原因によるかびの発生が多く報告されています。今回の大雨による雨漏りの影響も懸念されます。

鋸南町災害ボランティアセンターは、災害ボランティアセンターとしての活動を終了しました。ブルーシート張りの支援ニーズが依然高い中、PWJは、新たな体制で支援を継続すべく、関係者との調整を行っています。また、新体制への移行期にある現在も、継続してブルーシート展張支援を実施しています。

活動拠点としている鋸南町をはじめとする台風15号の被害を受けた千葉県県南部において、関係者と連携しつつ、自然災害による更なる被害が拡大しないよう、また、一日でも早く被災された皆様が日常を取り戻すことができるよう、活動を継続していきます。

※本事業は、皆様からのご寄付とジャパン・プラットフォームからの助成を受けて実施しています。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「千葉台風15号被災者支援」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

■Tポイントで1ポイントからご寄付可能なYahoo!募金はこちらから
https://donation.yahoo.co.jp/detail/925036/

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について