ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2003.2.27

夫を奪われ募る生活苦 北海道新聞掲載「イラクNGO報告」

イラク 海外人道支援

イラク北部クルド人自治区、スレイマニアから車で約1時間のところに、夫と離ればなれになった女性たちばかりが住んでいた町がある。現在も約850世帯(5000人余り)がこうした家族。この町で、ピースウィンズ・ジャパンは週三回、無料巡回診療を行っている。
結核を患うサザンさん(40代、仮名)は1988年、「アンファル・キャンペーン」といわれるフセイン政権の政策で夫や多くの親せきと別れ、キルクークに近い村からこの町への移動を余儀なくされた。
「4000の村が破壊され、約18万人の男たちが連れ去られた」とクルド人はいう。未亡人たちばかりの町が各地につくられた。他の男たちと同様、夫たちの消息は「まったく分からない」とサザンさんは話す。
卵巣の病気を抱える60代の母と7人の子ども、息子の妻との10人で暮らす。部屋は3つあるが、ストーブは1つ。「毛布だって足りない」という。
家計の支えは、自治政府から支給される月200ディナール(1ディナールは約15円)。野菜は1キロ2~3ディナールだが、その10倍ほどする肉は、ほとんど食べられない。イスラム社会では女性が働くことは難しく、世界食糧計画(WFP)から配給される食糧を売ることもある。
「もちろんサダム(フセイン・イラク大統領)は怖い。戦争で家を失うのではと心配でたまらない」とサザンさん。あきらめの表情に、辛い過去と現在の厳しい境遇が重なってみえる。
(文 三澤一孔)
※北海道新聞(2月7日付朝刊)に掲載された記事を一部、加筆しました。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について