ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2019.8.14

【イラク】西モスルにて帰還民への職業訓練を実施

イラク 海外人道支援

1年半以上に及ぶ「イスラム国」の占領からモスルが解放され、避難していた住民たちが帰還しています。破壊されたインフラや家屋を整備し、居住環境を整える支援が喫緊の課題です。このニーズに対応するため、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、国際連合人間居住計画(UNHABITAT)の事業実施パートナーとして、カナダの国際NGOであるCAOFISRと連携し、帰還民に対して家屋修繕技術を教える職業訓練を実施しました。本事業の特徴は、訓練を受ける参加者たちが、講習と実習を含む訓練を受けた後に、習得した技術を実際に使って現地の建設会社で就労経験を積む機会を得ることができる点にあります。

破壊されたモスルの街で生活を再開するためには、技術を持った人材と雇用機会が限られる中で、帰還民自身が技術を身に着けて就労できる機会を作ることが重要です。PWJは、帰還民にとって有意義で実践的な職業訓練にするために、まずは現地の具体的なニーズと帰還民の能力レベルについて調査しました。この調査結果に基づきCAOFISRの技術協力の下、2~3週間のトレーニングを実施。合計50名の帰還民が訓練を修了しました。修了式では、修了証とともに仕事道具となるツールキットの授与を行いました。

トレーニングを修了した参加者たちは、訓練で培った知識と技術を活用し、就労機会を得ることが期待されています。基本的な仕事道具を自身で持つことは、技術者として職を得るために有意義に働きます。また、就労経験を積む第一歩として、地元の建設会社と参加者たちとのマッチングの機会を設けました。参加者たちは、期間限定ではあるものの、塗装職人、大工アシスタント、溶接工、左官職人としてトレーニングで学んだ技術を使って働く経験を通して、職人としての第一歩を踏み出しました。

屋根のフレームを取り付ける溶接工
壁の左官作業

また、職業訓練では、現地の文化に配慮しつつ、現場の声を受け入れて、職を得ることがより困難な立場にいる女性も対象としました。女性の参加者もトレーニングを受け、塗装職人として技術を習得、家屋の修繕作業を通して経験を積みました。

台所の壁の塗装を行う女性参加者
洗面所の壁の塗装の様子

職業訓練を修了した参加者たちが今後どのように雇用機会を得て学んだ技術を活用していけるかモニタリングを続けるとともに、今回参加者たちを受け入れた現地建設会社にも聞き取りを行い、本事業の効果を図っていくと同時に、本事業から得た学びを今後の事業形成に生かしていきます。

PWJは、緊急人道支援を必要としているモスルの人びととかれらの生活を支える環境の整備をこれからも支えていきます。今後とも、みなさまからの温かなご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

※本事業は、国際連合人間居住計画(UNHABITAT)からの助成金やみなさまのご寄付により実施しています。

========================
■クレジットカードでの受付




 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「イラク事業支援」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
 
※通信欄に、「イラク事業支援」とご記入ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について