ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2004.12.26

スマトラ島沖地震 緊急支援 国際スタッフ2人をインドネシアに派遣へ

インドネシア 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、インドネシアのスマトラ島沖で12月26日朝(日本時間9時58分)に発生した大規模地震による津波被害を受け、スマトラ島北部のナングル・アチェ・ダルサラム州(旧アチェ特別州)での緊急支援を想定し、スタッフの派遣を決定しました。ジャカルタ事務所の現地スタッフ2人を27日にも、州都バンダアチェに派遣するとともに、日本からの支援チーム第一陣として、国際スタッフ2人を27日午前成田発の航空機でジャカルタに派遣。被害状況や支援のニーズについての情報収集にあたるとともに、現地NGOと連携して支援の可能性を探ります。
今回の地震による津波被害は、インドネシア、スリランカ、インド、タイなど、インド洋周辺の多数の国に及んでいます。ナングル・アチェ・ダルサラム州の被害状況は詳しく分かっていませんが、震源に近いことから甚大な被害が予想されます。
PWJは1997年からインドネシアで支援活動を継続。震災に対する取り組みとしては、2001年1月に発生したインド西部地震、2003年12月のイラン南東部地震、今年10月の新潟県中越地震でも支援活動を実施しています。
PWJでは、今回の地震救援活動のため、緊急募金の受付を開始しました。みなさまのご理解、ご協力をお願いいたします。
【日本から派遣する国際スタッフ】
金丸智昭  PWJ海外事業部
キャメロン・ノーブル  PWJ海外事業部(インドネシア事業担当)
【ナングル・アチェ・ダルサラム州】
スマトラ島北部に位置するインドネシア北西端の州。旧名はアチェ特別州。人口は約420万人。同州のインドネシアからの分離・独立を巡って1970年代から繰り広げられてきた武力闘争が99年から2002年にかけて激化し、大量の避難民が周辺に流出しました。PWJは2003年4月から、中部ジャワ州のボヨラリ県に逃れてきたアチェ避難民61世帯、約200人を対象に、現地NGO「ビナ・スワダヤ」ボヨラリ支部と共同で再定住支援事業を行っています。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について