fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2009.4.16

PWJ初の沖縄での活動報告会大成功!

広島(神石高原)

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、西アフリカ・リベリアに駐在して支援活動を続けているPWJスタッフ、三浦慕による活動報告会を、3月22日(日)、JICA沖縄で開催し、盛況のうちに終了しました。

okinawa090322-%282%29.jpg
沖縄県出身の三浦慕
(C)PWJ/Kaoru TAKAHASHI

今回の報告者である三浦は沖縄県浦添市生まれの宜野湾市育ち。休暇を兼ねてリベリアから一時帰国中の三浦より、「平和に対する気持ちが強い沖縄の人たちに、ぜひ内戦後のリベリアの現状を知ってもらいたい」という強い希望があり、この報告会を開催しました。当日は時折小雨がぱらつくなか、40人近い方が会場に足を運んでくれました。そんな沖縄の皆さんの気持ちにこたえるように、三浦は、日常の食べ物におけるリベリアと沖縄の意外な共通点などを笑いを交えて披露し、参加者の皆さんにリベリアを身近に感じてもらいつつ、長年続いた紛争や現在の復興については、熱い語り口調で話を進めました。
後半の質疑応答の際には、多くの方から質問やご意見が寄せられました。なかには沖縄の戦後復興と比較しての質問もあり、三浦からの返答に大きくうなずく参加者の皆さんが印象的でした。
PWJはこれまで、東京または東京近郊での報告会が主でしたが、今回の成功を受けて、他の地域での報告会の開催を検討していきたいと考えています。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について