fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

2008.6.17

【広島】高陽高校文化祭でフェアトレードコーヒー販売

広島(神石高原)

広島県立高陽高校(広島市安佐北区)の文化祭が14日に行われ、2年生がフェアトレードについての展示や東ティモール産ピースコーヒーの販売などをしました。同校はリベリアでの井戸建設を目標に「ブックキフ」にも取り組んでおり、文化祭での展示・販売は生徒による国際貢献プロジェクトの第二弾です。

P1010078%8Fk%8F%AC.jpgP1010081%8Fk%8F%AC.jpg

ピースコーヒーなどを販売する生徒たち
(C)PWJ/Hiroshi Kunita

展示に使われた教室には、フェアトレードの意義や歴史、通常の貿易との違いのほか、東ティモールの人びとの暮らしぶりなど、生徒が学習した成果をまとめた紙が壁や窓いっぱいに張り出され、約300人が見学しました。お昼から始まった販売には、生徒や先生、父兄、地域の人などが続々と買いに訪れ、ピースコーヒーの定番商品である250グラム入りの粉は、用意した51個を約2時間で完売しました。他の商品を含めた売上は83,930円になり、東ティモールをはじめとするPWJの支援活動に活用されます。古本の回収も同時に行われ、101冊が集まりました。

P1010076%8Fk%8F%AC.jpgP1010075no%8Fk%8F%AC.jpg

写真左:フェアトレードなどに関する展示
写真右:古本もたくさん集まった
(C)PWJ/Hiroshi Kunita

高陽高校では、2年生の「総合的な学習」の時間で、世界の現状を知り、身近な貢献の方法などについて考える機会を設けています。生徒たちは、5月にPWJの出前講座で東ティモールでのコーヒー生産者支援とフェアトレードについて学んだのをきっかけに、文化祭での展示・販売に向けて準備してきました。販売を担当した生徒は、フェアトレード商品の購入が国際貢献につながることを説明し、売り込みに懸命でした。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について