ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2010.5.24

テントでの新たな生活

ハイチ 海外人道支援

1月12日(日本時間では13日)のハイチ大地震の発生から、早くも5ヶ月が経過しました。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、被災した家族にテントや瓦礫撤去道具などの配布を続けています。今回は、PWJの配給したテントで生活を始めた被災者のひとりに話を聞きました。

震災直後は、ペチョンビル市の中心にある広場で、シーツやカーテンで仕切られただけの空間で家族と暮らしていたマナエルさん。そのときは、それぞれのプライバシーがないばかりか、雨が降ると地面が水浸しになって大変だったそうです。ハイチは4月から雨季に入っており、激しい雨がよく降ります。「雨の日は立ったまま寝ることもあった」とマナエルさんは振り返ります。その後、マナエルさんの家族に、PWJからテントが支給されました。家族が住んでいた場所に戻って生活することも考えたそうですが、地震で家が崩壊したときにマナエルさんの弟さんが亡くなったため、マナエルさんのお母さんは、その家のそばに戻る気にはまだなれないのだそうです。

DSC06431.jpg
DSC06434.jpg

写真左:テントの中で本を読むマナエルさん
写真右:生活用品がきちんと整頓されている
(C)PWJ

今、マナエルさんは、郊外の被災民キャンプにPWJが配給したテントを立ててお母さんと兄弟姉妹の計6人で暮らしています。「テントでの新生活は、プライバシーが確保され、寝る場所も少し広くなったので、震災直後より生活環境はよくなりました。けれど、ハイチの復興はまだまだこれからです。」と、マナエルさん。彼女の家族が被災前のような生活に戻れるようになるまで,さらなる時間が必要です。

DSC06436.jpg

配給したテントの訪問をするPWJスタッフ
左は現地責任者の北原(C)PWJ

PWJは、これからもハイチの地震で被災したた人びとへの支援を続けていきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について