ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2010.1.16

【ハイチ地震】日本人スタッフ第一陣が18日出発 テントなど支援物資の配布を検討

ハイチ 海外人道支援

世界各地で難民・避難民や災害被災者の支援を行っているNGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=東京都港区、代表理事=大西健丞)は、中米ハイチで1月12日夕方(日本時間13日朝)に発生した地震で大きな被害が出ていることを受け、日本人スタッフを派遣して被災者支援を実施します。また、緊急募金の受け付けも開始しています。

第一陣となるPWJ事業責任者の山本理夏は18日に出発。アメリカ・シアトルで今回の支援を協力して実施するピースウィンズ・アメリカ(PWA)のスタッフと合流した後、ハイチの隣国、ドミニカ共和国の首都、サントドミンゴに入ります。PWJ海外事業部の齋藤雅治らは19日に出発し、サントドミンゴで山本らと合流します。
現地では、多くの住民が家を失っているため、テントなどの物資を配布することを検討していますが、食糧や医薬品の配布を行う可能性もあります。また、被災地ポルトープランスでは深刻な被害に加えて混乱が伝えられていますが、派遣するスタッフはいずれも、イラクやアフガニスタン、ミャンマー(ビルマ)などで支援活動にあたった経験を持っています。
【18日に出発するスタッフ】
PWJ事業責任者 山本 理夏(やまもと・りか)
 成田空港 18日 15:00 (DL6804) → サントドミンゴ 20日 14:15 (DL599)
【19日に出発するスタッフ】
PWJ海外事業部 齋藤 雅治(さいとう・まさはる)
PWJ海外事業部 北原 聡子(きたはら・としこ)
 成田空港 19日 13:00 (AA176) → サントドミンゴ 19日 20:20 (AA1901)

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について