ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2019.12.3

【バングラデシュ】PWJ助産師によるトレーニングを実施

バングラデシュ 海外人道支援

2019年9月24日から10月3日にかけて、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の塚本助産師がバングラデシュを訪問しました。
PWJのバングラデシュ事業は、ロヒンギャ難民と難民キャンプ周辺住民に対する母子保健支援に重点を置いており、産科のプロである助産師によるアドバイスが欠かせません。

妊婦に対する啓発活動の視察

今回の訪問の一番の目的は、基礎的緊急産科ケア(Basic Emergency Obstetric Care)と呼ばれる出産時の合併症への対応について、PWJ診療所のスタッフが適切に実施できているかを確認することです。
途上国において、生産年齢人口※の女性の主要な死因は、妊娠・出産時の合併症です。国連人口基金(UNFPA)によれば、2017年には世界で29万5千人の女性が妊娠・出産に関連する原因により死亡しています。

レクチャー後、熱心に質問するスタッフたち

塚本助産師と提携団体(DCHT)のベテラン産婦人科医が中心となり、分娩介助の流れ、異常が見つかった際の対応方法についてレクチャーを行い、その後、シミュレーショントレーニングで実際に体を動かしながら、対応方法を確認しました。

シミュレーショントレーニングの様子

PWJ診療所は避難民キャンプ14内で唯一、分娩介助を行っている医療施設です。10月には20人の赤ちゃんが私たちのスタッフの手で取り上げられました。出産は、新たな命を迎える素晴らしい瞬間でもありますが、同時に途上国においては多くの母親と赤ちゃんの命が失われる瞬間でもあります。
PWJはこれからも、定期的に医療専門家を派遣し、現地の医療サービスの質の向上・維持に貢献し、ロヒンギャ難民および地域住民が安全なお産を行えるよう支援していきます。

————————————
※15歳から64歳の人口(OECD)。

 
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「ロヒンギャ難民支援寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年12月、広島県より「認定NPO法人」として認可されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※様々なサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキュー及び被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について