fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2021.9.10

【アフガニスタン】急変する情勢の下、食糧支援事業を開始しました

アフガニスタン 海外人道支援

困窮する生活に降りかかった情勢の急激な変化
アフガニスタンでは今年5月から全土で政府と反政府勢力タリバンの間で激しい戦闘が継続していましたが、8月に入りタリバンは凄まじい速度で主要都市を制圧し、8月15日には首都カブールも陥落しました。この事態を受けて国外退避を求める人々がカブール空港に詰めかけ、またその混乱をついた自爆テロにより多くの被害者が出ました。
 
ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の活動地であるナンガルハル県では、以前から、多くの人々が、長年の紛争や頻発する干ばつなどの自然災害、また新型コロナウイルス禍での経済活動への打撃によって日々の食糧を得ることも困難な状況にありました。この状況に降りかかったのが、今回の急激な政変です。
 


フィールドを行く

 
人道支援の継続
PWJがこの8月にナンガルハル県で開始した食糧支援事業は、タリバンが同地域を制圧する前から計画していたもので、経済的に厳しく、日々の食糧にも事欠く生活をしている人々が、特に食糧事情の厳しくなる秋から冬の5カ月に食糧をまかなえるようにするものです。
 
現地での実際の活動は、提携団体をパートナーとして実施しています。ナンガルハル県ではタリバンもNGOによる支援の継続を認めていますが、未だ不透明な状況も多く、今は安全な事業運営のための情報を集め、関係者との会合に参加して、支援の対象者を選定する調査の準備を進めているところです。今、特に心配しているのは、女性スタッフのことです。保守的な慣習が残る地域では、男女が顔を合わせて話をすることが憚られるため、女性の話を聞いたり、女性だけで暮らす家に支援を届けたりできるのは女性スタッフに限られるため、活動には女性のスタッフが必須です。しかし、かつてタリバンは女性には教育や仕事、親族の男性を伴わない外出は認めていませんでしたので、また同じようなことになれば女性への支援が非常に難しくなってしまいます。女性の尊厳がどのように守られるのか、タリバンの発表を待っています。
 


女性スタッフ(左)による聞き取り調査

 
アフガニスタンは、これから寒く厳しい冬に向かいます。PWJは引き続きアフガニスタンの人々へ必要な支援を届けてまいります。
 
 
■ご寄付について
========================
■クレジットカードでの受付

 

■郵便局でのお振込
口座番号:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄 :「アフガニスタン特定寄付」と明記してください。
 
■銀行でのお振込
三井住友銀行 青山支店
口座番号:普通 1671932
口座名義: 特定非営利活動法人 ピース ウィンズ・ジャパン広報口
※銀行振込はお振込み人様を特定できません。お振込み後に、HP問合せフォームよりご連絡ください。
 
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2019年12月19日、広島県より「認定NPO法人」に再認定されました。これにより、PWJへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。くわしくは寄付金控除(認定NPO)についてをご覧ください。
 
※ピースウィンズ・ジャパン寄付金等取扱規程はこちらから:寄付金等取扱規程

一覧へ戻る

ご支援・参加のお願い

寄付控除について

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について