fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2007.1.16

種苗農場の再建事業がスタート!

アフガニスタン 海外人道支援

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2006年11月末から、さまざま種類の植物の苗木や種子を栽培・生産するサリプル農業局の種苗圃場(ほじょう=農場)の再建に取り組んでいます。この事業の起工式が2007年1月8日に行なわれました。これまでイスラム教の休暇であるイードなどと重なっていたため、事業が始まってもなかなか式を行えませんでしたが、ようやく開催された起工式にはサリプル州知事、州農業局長、州議会議員など多数の人が参列、大きなイベントとなりました。

070108AFGSRP011D_S.jpg
070108AFGSRP040D_S.jpg

写真左:PWJへの感謝と期待を述べるサリプル州知事
写真右:整備が進む種苗圃場                 
(C)PeaceWindsJapan

内戦前の種苗圃場は47ヘクタールもの広大な施設でした。さまざまな植物を栽培・展示する役割を果たしていただけではなく、住民たちがピクニックに訪れる憩いの場にもなっていました。しかし、樹木は内戦中に切り倒され、軍閥の駐屯基地となり、かつての面影も残されぬまま、現在に至っていました。
事業は、サリプル農業局が小麦種子の生産と改良品種の展示を行うための機能を確立することを目的として始めました。敷地内の道路や用水路なども合わせて整備し、圃場内で種子の生産を行い、改良種子の展示圃を設けます。種苗圃場の再建により、サリプル州の農業復興につなげられることを期待しています。

070108AFGSRP067D_S.jpg
070108AFGSRP058D_S.jpg

写真左:地元メディアの取材を受けるPWJ平井  
写真右:要人や有力者も参列したため警護も厳重
(C)PeaceWindsJapan

アフガニスタンでは建物や橋の建設を始めるときの式典で、羊を生贄(いけにえ)としてささげることが習慣です。今回の起工式でも、式の最後には生贄となった羊の血が、建設中の橋の基礎にささげられました。サリプル州知事は「サリプル州での農業支援に長くかかわってきたピースウィンズ・ジャパンの支援に感謝するとともに、さらに支援を継続してくれるよう期待する」とあいさつを述べ、サリプル州の人びとのこの事業への期待の高さをあらためて感じさせました。
@WOMAN「平井礼子のアフガニスタン便り」にも関連レポートを掲載しています。

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について