fbpx

ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害などの脅威にさらされている人びとに対して国内外問わず支援活動を行うNGOです。

海外人道支援

Overseas

2018.11.2

【アフガニスタン】初めての「故郷」へ

アフガニスタン 海外人道支援

生まれて初めて自分の国に帰る。少し違和感のある表現ですが、そういう人たちがいま、アフガニスタンに多く到着しています。アフガニスタンの歴史は紛争の歴史。治安が悪化した祖国から隣国パキスタンに逃れ、そこで20年30年と生きてきた人たちの子ども世代、孫世代にとっては、まさに初めて祖国の土を踏むことになるのです。
「難民」だった彼らは、自分の国に戻ってくると今度は「帰還民」と呼ばれるようになります。ようやく戻れた故郷は変り果て、知り合いもおらず、新しい土地で文字通り一から生活を始めなければなりません。皮肉なことに「難民」時代よりも厳しい生活を強いられる場合もあります。
私たちピースウィンズ・ジャパンのアフガニスタン支援の歴史は長く、2001年タリバン政権下での緊急人道支援から開始しました。夏は40度を超え、冬は零下20度にまで下がるという過酷な環境で、紛争から逃れてきた人たちに越冬用のテントの提供や給水支援を行い、その後は学校建設や水資源調査を行ってきましたが、治安悪化に伴い事業の継続が難しくなってしまいました。日本人スタッフが入国できなくなり直接事業が実施できなくなってからも、他のNGOと合同でアフガニスタンのNGOの能力強化事業を行っています。

アフガニスタンチーム
アフガニスタンチーム
プロジェクトマネージャーと会計担当者
プロジェクトマネージャーと会計担当者

そんな中、今年2018年からアフガニスタンの現地NGOと提携し、新たに事業を開始しました。冒頭にお伝えしたような「帰還民」支援と、アフガニスタンが毎年悩まされている干ばつの被災者への支援をアフガニスタンのNGOと一緒に始めました。生活必需品のセットを各世帯に提供したり、井戸を掘ったり、「カレーズ」と呼ばれる用水路を修復したりする事業です。現地の人たちが頑張っています。進捗状況を随時報告してまいりますので、お見守りください。

井戸掘削の様子
井戸掘削の様子
干ばつの被害を調査
干ばつの被害を調査
干ばつの避難民キャンプの様子
干ばつの避難民キャンプの様子

一覧へ戻る

ご支援・寄付のお願い

寄付控除について