ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

NEWS

【フィリピン台風被災者支援】住宅修復キット配布 1月24日にスタッフが現地へ

2014.1.24

国際協力NGOピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部=広島県神石郡、代表理事=大西健丞)は、昨年11月に発生した台風30号(ハイエン/ヨランダ)の被災者支援の第2期事業として、住宅修復キットを配布するため、1月24日にスタッフ1名(事業部 川井 慧)を現地に派遣します。

緊急物資配布のために現地を訪れた際、多岐にわたるニーズの中で、被災者からは住宅を修復したいとの声が多く聞かれました。自力での再建ができるのは限られた家庭だけで、収入源を失った多くの家庭は、建築資材が買えず、配布されたブルーシートで住宅の屋根や側面を覆うくらいがせいぜいで、がれきの中でみつけた木材を再利用した補修しかできません。また、損壊がひどい家屋はさらなる崩壊の危険があり、残された家財が雨で濡れることを避け、近くに仮設した住居や、支給されたテントでの生活を余儀なくされていました。

IMG_0338

4月までの予定で実施する今回の事業では、上記の状況に置かれた被災者の生活環境を改善するため、レイテ州カリガラの約700世帯に住宅用資材と工具・道具類からなる修復キットを配布します。さらに、受け取った世帯がこのキットを使って住宅を建設するための技術面での指導を行うワークショップを併せて実施します。なお、今回も、前回の事業で連携したパートナー団体のCitizens’ Disaster Response CenterおよびLeyte Center for Developmentと協働し、資材等はルソン島にて調達し、レイテ島まで輸送する予定です。

P1030391

本事業は、ジャパン・プラットフォームからの助成金や、個人・法人のみなさまの寄付金により実施しています。PWJは、被災者が一日も早く日常の生活を取り戻せるよう、今後も活動を継続していく予定です。

◆関連リンク
被災地サマール島で5000世帯へ物資配布(2013.12.6)
サマール島で食糧や生活用品を配布(2013.11.27)
もっとも支援が届きにくい場所へ(2013.11.21)
被災地に向けて初動チームが出動(2013.11.14)
支援準備を開始(2013.11.11)

【フィリピン中部台風 被災者支援 募金】
◆ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。
寄付をする

◆郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄:「フィリピン台風被災者支援」と明記してください。

◆ペイパルを通じたご寄付はこちらから(下記のボタンをクリックください)

報道関係のみなさまにおかれましては、ご取材・報道をいただけますよう、お願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先
ピースウィンズ・ジャパン コミュニケーション部 広報担当
TEL:0847-89-0887 / FAX:0847-82-2949
pr@peace-winds.org

ページのトップへ戻る