ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

NEWS

【フィリピン台風被災者支援】被災地サマール島で5000世帯へ物資配布

2013.12.6

国際協力NGOピースウィンズ・ジャパン(本部=広島県神石郡、代表理事=大西健丞)は、フィリピン台風30号で甚大な被害を受けたサマール島の被災者5,000世帯に対し、支援物資を配布しました。

フィリピン中部において、観測史上最大の風速を記録した台風30号は、サマール島にも大きな被害をもたらしました。PWJは11月26日までに、地元のパートナー団体Citizens’ Disaster Response Center (CDRC) 及びLeyte Center for Development (LCDE)と共同で、首都マニラから同島の南端に位置するギワンに移動し、1,540世帯分の支援物資を配布。さらに12月4日から6日にかけては、同じくサマール島のマラブとヘルナーニの2地域において、3,460世帯分の物資を配布しました。

P1030195_RP1030250_R
P1030220_RP1030267_R

ピースウィンズのフィリピン支援チームを率いた事業部次長の齋藤雅治は以下のように話しています。
「被災地の惨状は想像を超えるものでした。地域住民は家に被害を受け、支援物資や情報を十分に受け取れていない状況です。しかし、こんな大惨事の後でも、自分たちの生活再建に取り組もうとする人たちには勇気づけられます。緊急時には、最も必要としている人のところに支援を届けることが重要です。ピースウィンズのフィリピン支援は、地元でしっかりとした活動を継続してきたパートナー団体と連携することができ、支援がまだ届いていない地域で活動することができました。サマール島ではこれからもさまざまな支援が求められます。PWJは長期的な復興を視野に入れた支援も検討しています。私たちの仕事は被災した方々が復興に向かって最初のステップを踏み出せるよう、後押ししていくことだと考えています。」

P1030292_RP1030288_R

本事業は、ジャパン・プラットフォームからの助成金や個人・法人のみなさまによる寄付金により実施しています。PWJは、これから被災者が日常の生活を取り戻すため、経済活動などを再開できるように、今後も継続的に支援を行っていく予定です。

◆関連リンク
サマール島で食糧や生活用品を配布(2013.11.27)
もっとも支援が届きにくい場所へ(2013.11.21)
被災地に向けて初動チームが出動(2013.11.14)
支援準備を開始(2013.11.11)

【フィリピン中部台風 被災者支援 募金】
◆ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。
寄付をする

◆郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄:「フィリピン台風被災者支援」と明記してください。

◆ペイパルを通じたご寄付はこちらから(下記のボタンをクリックください)


報道関係のみなさまにおかれましては、ご取材・報道をいただけますよう、お願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ先
ピースウィンズ・ジャパン コミュニケーション部 広報担当
pr@peace-winds.org

ページのトップへ戻る