ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

NEWS

【広島】災害救助犬「夢之丞」が朝日新聞・天声人語で紹介

2014.11.14

殺処分直前だったところをピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が救い、災害救助犬に育成した「夢之丞」が、11月14日付朝日新聞朝刊の天声人語で紹介されました。掲載記事はこちら

『痛ましいできごとの中に、ふっと心にふれる話がある。8月に広島市で土石流が起き、74人が亡くなった。その現場へ救助犬として初出動した雑種の夢之丞(ゆめのすけ)は、かつて殺処分寸前の捨て犬だった▼4年前の11月、夢之丞は動物愛護センターにいた。処分される順番の日になった。だが数が多くて翌日にまわされ、救助犬候補を探しに訪れたNPOスタッフの目に留まる。紙一重の僥倖(ぎょうこう)で生き延びて訓練を受けた夢之丞は、泥まみれになりながら捜索にあたったそうだ…』(2014年11月14日朝日新聞デジタルより)

夢之丞

PWJは今後も、大規模災害に備えた捜索・救助チームの強化を進めるとともに、広島土砂災害の被災地で、地域のニーズを見極めながら支援を続ける計画です。

◆広島土砂災害・関連リンク
神石高原特産のピオーネを配布(2014.9.17)
ウレタンマットなどの物資を配布(2014.8.27)
殺処分寸前だった災害救助犬「夢之丞」、毎日新聞に掲載(2014.8.25)
被災ペット支援のため避難所を訪問しました(2013.8.23)
飼い犬の一時預かりを行います(2014.8.21)
捜索の様子(動画)をアップしました(2014.8.21)
災害救助犬とレスキューチームが活動を終了(2014.8.21)
PWJ災害救助犬とレスキューチームが広島市内で活動開始(2014.8.20)
災害救助犬とレスキューチーム初派遣(2014.8.20)

ページのトップへ戻る