ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

NEWS

【熊本地震】22日の活動報告~トイレ設置、靴下など配布~

2016.4.23

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は引き続き、パートナー団体(公益社団法人Civic Force、アジアパシフィックアライアンス)と緊急支援合同チームを組み、熊本県益城町を拠点に支援活動にあたっています。

22日時点で、益城町総合体育館芝生広場に設置した災害用避難テントは計32張りとなりました。うち28張りに、妊婦さんを含む女性やペット連れの方計122名と、ペット計40頭(犬、猫、はりねずみ、ハムスター、ウサギなど)が入られている状態です。本日、現地では雨が降っており、床の代わりとしてテント内で使ってもらうためのパレットを追加で配布しています。

熊本熊本

熊本22日には、株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ、ジーユー)から無償で提供された靴下504点や、その他下着・肌着約1万枚などを3台の2トントラックで近隣の小規模避難所に巡回配布しました。

配布については、合同チームの支援のために現地入りされているヤフー株式会社や、PWJが事務所を開いた佐賀県からのボランティアチームに協力してもらいました。まずは小規模避難所の候補となる公民館や保育園、幼稚園、老人介護施設などをリスト化し、各施設に電話して避難者の有無や人数、ニーズをヒアリング。その結果を地図情報に落とし込み、効率よく回れる配送ルートを完成。

約1時間半で迅速に行われたこの作業のおかげで、非常に効率よく全てを配り終えることができました。

また同日には、合同チームで益城町総合体育館周辺に洋式トイレ12棟を搬入し、設置。10棟は女性用、2棟は身体に不自由のある方用として、使っていただいています。

熊本熊本

PWJは引き続き、現地のニーズを見きわめ、必要な支援を迅速に届けます。皆さまからの貴重なご寄付は、熊本地震で被災された方への支援活動のために使わせていただきます。温かいご支援をよろしくお願いいたします。

PWJは、熊本地震の被災者支援活動のため、緊急寄付を募っております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

◆ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。
寄付をする

◆郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄に、「熊本地震緊急寄付」と明記してください。
※他の銀行から振込まれる場合は、 銀行コード「9900」 店番「019」 です。

◆ふるさと納税を通じた「熊本地震・緊急寄付」も可能です。
http://www.furusato-tax.jp/gcf/82

◆ペイパルを通じたご寄付はこちらから(下記のボタンをクリックください)




◆その他、下記のページでもご寄付を受け付けております。
yahoo!ネット募金
寄付を集めるファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)
オンライン寄付サイト GiveOne

~継続的な支援活動を行うため、月額1200円からの継続支援「ピースサポーター」募集中!~
PWJでは、1回限りのご寄付に加え、1日40円、月々1200円~のご寄付により、支援活動を継続的に支えていただく「ピースサポーター」を募集しています。今後国内外で起こり得る大規模災害の発生に備えるためにも継続的にご支援いただけると大変有難いです。詳細はHPをご覧いただくか、資料をご希望の方は☎0120-252-176までお電話ください。詳細はこちら

▼関連リンク
長期化する避難生活に備えて(2016.4.22)
ふるさと納税で寄付受付開始(2016.4.22)
明日暴風予報のため、バルーンシェルターを一時撤収し、テントにご案内しています(2016.4.20)
避難所にウレタンマットなど搬入(2016.4.20)
ペット連れの方、専用避難所をご利用ください(益城町総合体育館芝生広場)(2016.4.20)
避難所支援:18日の活動報告(2016.4.19)
益城町にバルーンシェルター設置、避難所として運用開始(2016.4.17)
避難所のニーズ調査開始(2016.4.17)
救助犬の靴について(2016.4.17)
救助犬チーム捜索2日目の報告(2016.4.16)
救助犬・レスキューチームが再出動(2016.4.16)
惣領、安永地区で活動中(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが益城町に到着(2016.4.15)
緊急寄付の受付開始(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが広島を出発(2016.4.14)
救助犬・レスキューチームが出動準備開始(2016.4.14)

ページのトップへ戻る