ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

NEWS

【九州豪雨】レスキューチーム、孤立した集落へ/ヘリで救助活動継続

2017.7.8

レスキュー隊員たちの目の色が変わった。
「松末地区 孤立 30人以上」――
7日早朝。福岡県朝倉市の災害対策本部のホワイトボードに、走り書きされた文字。命からがら避難したという60代男性の話によれば、道路が寸断され、周辺住民たちが朝倉市杷木(はき)松末の集落で助けを待っているという。ピースウインズ・ジャパン(PWJ)とアジアパシフィックアライアンス・ジャパンの合同チームは7日、降り続く雨の中、災害救助犬の夢之丞とハルクを率いて救助に向かった。

ハルク夢レスキュー
【写真説明】険しい道を乗り越えながら孤立した集落へ向かう夢之丞とハルク、隊員たち

「ひどい、集落までたどり着けるのか……」。隊員の田邊圭(28)は思わず立ち止まった。3年前に出動した台湾水害の被災地が頭をよぎる。雪崩のような土砂にのみ込まれた民家や車。1階の一部をえぐられた家屋。大量の倒木や岩。周辺の川は穏やかに戻りつつあったが、猛烈な濁流が押し寄せたのだ、と一目で分かった。隊員たちはそこから水陸両用車2台を乗り込み、茶色くにごった川を突き進んだ。

asakurashiIMGP4706
【写真説明】濁流で壊れた民家の残骸が残る松末地区/土砂にのみ込まれた民家や車

雨脚が強まる。夢之丞とハルクに先導されて1kmほど進むと、松末小学校にたどり着いた。自衛隊と消防がすでに周辺地域への声かけを終え、その先に進もうとしていた。ところが、腰の高さくらいで増水した川が行く手を阻む。自衛隊や消防らと意見交換し、ロープなどを使って渡る方法を検討したが、さらに先にも氾濫した川が待ち受けているため、水難救助の装備がないと危険だと判断。捜索自体も重機が必要という結論に至った。悔しい思いをしながら、その場は引き返すしかなかった。途中、水陸両用車のうちの一台は前輪のシャフトが壊れ、タイヤが外れるほど険しい道だった。

20170706-07@朝倉_170708_004820170706-07@朝倉_170708_0049

IMGP4789IMGP4796

松末小学校には、行方不明になっている義理の母親を探す男性(40)がいた。義母は近所に住んでいたというが、「小学校に逃げて」と電話したのを最後に連絡が途絶えたという。男性は声を震わせていた。「行けるなら、いますぐ現場に行きたい」。

隊員らはその後ヘリで松末地区の上空付近を飛行して情報収集。隊員の田邊は「土砂災害の現場では陸路のリスクが高くなるため、上空からのアプローチが早い段階で必要。ただ今回のように悪天候が続く場合はそれも厳しくなる」と話し、土砂災害時の活動の難しさを再認識した。被災地ではいまだ、安否不明の人たちがいる。チームは8日、朝からヘリで被災地に降り立ち、ハルクらを連れて捜索活動を続けた。

212120170706-08@朝倉_170708_0079

20170706-08@朝倉_170708_007820170706-08@朝倉_170708_0077

PWJは被災者支援活動のため緊急寄付の受付を開始しました。皆さまからの貴重なご寄付は、豪雨で被災された方への支援活動のために使わせていただきます。温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。

寄付をする

◆郵便振替口座:00160-3-179641 口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン 通信欄に、「九州豪雨緊急寄付」と明記してください。 ※他の銀行から振込まれる場合は、 銀行コード「9900」 店番「019」 です。

ヤフーネット募金
https://donation.yahoo.co.jp/detail/925019/

ジャパンギビング
https://japangiving.jp/campaigns/33330

~継続的な支援活動を行うため、月額1200円からの継続支援「ピースサポーター」募集中!~

PWJでは、1回限りのご寄付に加え、1日40円、月々1200円~のご寄付により、支援活動を継続的に支えていただく「ピースサポーター」を募集しています。今後国内外で起こり得る大規模災害の発生に備えるためにも継続的にご支援いただけると大変有難いです。詳細はHPをご覧いただくか、資料をご希望の方は☎0120-252-176までお電話ください。詳細はこちら

ページのトップへ戻る