ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

NEWS

【熊本地震】佐賀からの応援~ボランティア派遣~

2016.5.18

「小野ちゃんの笑顔が見たくて今日もきたよ~」
「何度もコーヒーを取りに来ると嫌がられるかと思ったけど、
いつでも笑顔で迎えてくれるから嬉しい。あなたの笑顔が大好き」
「本当は笑うときじゃないんだけど…下を向いとっても仕方ないね!
でも上を向きすぎると後ろに倒れるしね(笑) 今は前を向いて出来ることをするだけ」

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)と公益社団法人Civic Force、アジアパシフィックアライアンスの緊急支援合同チームは、災害避難用テントを設置していている益城町総合体育館芝生広場にカフェコーナーを作り、毎日朝9時~夕方まで運営しています。先日、カフェコーナーからこのような会話が聞こえてきました。

ここではピースコーヒー等の飲み物を提供しているほか、スタッフが皆さんの話を聞いたり、避難されている方同士が交流する場になっています。これまでの話題は震災や被害状況に関することが多かったのですが、最近は震災前の日常に近い会話が少しずつ増えてきているように思われます。

熊本熊本

テントに避難されている方を笑顔で迎えるのは、佐賀県からボランティアに来た大学生の小野由里恵さん(21)。介護福祉士の資格を持つ小野さんは5月12日から7日間、緊急支援合同チームのボランティアとして、避難所やカフェの運営などを手伝ってくれています。「避難されている人たちにどう話しかけたらいいか、最初は不安だったけど、話をしてみると皆さんとても元気で、逆にこっちが元気をもらっている。皆さんから『声が聞けてうれしい』『笑顔が素敵だからこっちも笑顔になる』と言ってもらえて、少しは役に立てているかなと感じている」と小野さんは話します。

熊本

小野さんは佐賀のNPO3団体(佐賀未来創造基金、地球市民の会、佐賀県CSO推進機構)を中心に連携して震災支援活動を行う「佐賀から元気を送ろうキャンペーン」に応募し、PWJの支援現場に入りました。PWJは昨年12月に国内3カ所目の事務所を佐賀市に開き、佐賀県に進出した経緯などから、今回の熊本地震の支援活動においても佐賀のNPOとの連携が実現しました。

PWJ側が支援現場で必要な人材を伝え、NPO側はそれに応じてボランティアの募集、派遣の調整を行い、これまで避難所(テント)の設営や運営、被災者の方への聞き取り調査、カフェの運営などを手伝ってもらいました。4月19日以降、佐賀から派遣されたボランティアは20人以上となり、今後も派遣が続く予定です。
「佐賀から元気を送ろうキャンペーン」ボランティア募集ページはこちら

熊本熊本
熊本熊本

PWJは引き続き、現地のニーズを見きわめ、必要な支援を迅速に届けます。皆さまからの貴重なご寄付は、熊本地震で被災された方への支援活動のために使わせていただきます。温かいご支援をよろしくお願いいたします。

PWJは、熊本地震の被災者支援活動のため、緊急寄付を募っております。
ご協力をよろしくお願いいたします。

◆ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。
熊本地震の被災者支援活動は長期化が予想されます。
継続に支援いただける方は、ぜひ「ピースサポーター」にお申込みください。詳細はこちら
また、1回からのご寄付も受け付けております。
活動地の指定で「熊本地震緊急寄付」を選択してください。
寄付をする

◆郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄に、「熊本地震緊急寄付」と明記してください。
※他の銀行から振込まれる場合は、 銀行コード「9900」 店番「019」 です。

◆ふるさと納税を通じた「熊本地震・緊急寄付」も可能です。
http://www.furusato-tax.jp/gcf/82

◆ペイパルを通じたご寄付はこちらから(下記のボタンをクリックください)




◆その他、下記のページでもご寄付を受け付けております。
yahoo!ネット募金
寄付を集めるファンドレイジングサイト JapanGiving(ジャパンギビング)
オンライン寄付サイト GiveOne

▼関連リンク
「生きていてよかった」「頑張ろう」を支える支援を~発生から1か月~(2016.5.14)
58世帯203人とペット87匹が避難中(2016.5.11)
テント43張りに173名が避難中、暑さ対策も着々(2016.5.4)
避難所での助け合いや全国からの支援が “生きる力”に(2016.5.3)
新たなテント設置場所決定、入居を開始(2016.5.2)
次のテント設置場所開設へ準備中(2016.4.29)
肌着や果物配布、避難所でピースコーヒー提供(2016.4.27)
避難テントに約140人、ペット約40頭受入中(2016.4.25)
22日の活動報告~トイレ設置、靴下など配布~(2016.4.23)
長期化する避難生活に備えて(2016.4.22)
ふるさと納税で寄付受付開始(2016.4.22)
明日暴風予報のため、バルーンシェルターを一時撤収し、テントにご案内しています(2016.4.20)
避難所にウレタンマットなど搬入(2016.4.20)
ペット連れの方、専用避難所をご利用ください(益城町総合体育館芝生広場)(2016.4.20)
避難所支援:18日の活動報告(2016.4.19)
益城町にバルーンシェルター設置、避難所として運用開始(2016.4.17)
避難所のニーズ調査開始(2016.4.17)
救助犬の靴について(2016.4.17)
救助犬チーム捜索2日目の報告(2016.4.16)
救助犬・レスキューチームが再出動(2016.4.16)
惣領、安永地区で活動中(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが益城町に到着(2016.4.15)
緊急寄付の受付開始(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが広島を出発(2016.4.14)
救助犬・レスキューチームが出動準備開始(2016.4.14)

ページのトップへ戻る