ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

【東北支援】被災地のいま-震災から5年-

2016.3.11

「波にのまれ、水の中で20秒ぐらい息ができず死を覚悟した。流されながら、たまたま見つけた雨どいに掴まって助かった。街が津波に壊されていく音が今も耳に残っている」

宮城県南三陸町シルバー人材センターの事務局長だった鈴木清美さん(59)は、震災当時を振り返り、そう話す。今は町の至るところが工事中だが、「復興の実感はない。まるっきり違う街ができようとしている。今になって、もう同じ場所には住めないんだという実感がわいてきている」という。

未曽有の被害をもたらした東日本大震災から5年。被災地ではハード面の再建は進んでいるが、住民は今なにを感じているのか。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が活動する南三陸町で話を聞いた。

三浦久子さん(68)は「津波の苦しみが薄れたころに別の苦しみがきた。家がない辛さが今になってよく分かる」と話す。「災害直後は生きるために夢中で、辛さは二の次だった。4年以上経って落ち着いてくると、これからの生活をどうするかが重くのしかかる」という。安定した人との繋がりができた今の仮設住宅も、いずれは出なければならない。転居先で新しいコミュニティになじめるか、そんな不安もつのる。

震災の「風化」も気がかりだ。「津波のことを伝えたいけど、聞きたがらないと思う」と志津川中学校2年の西條なずなさん(14)は言う。今も被災地を訪れる人はいる。しかし、災害直後に比べて確実にその数は減り、当時の体験を話しても以前のような反応はないと実感している。

それでも、復興の支えになるものを尋ねると、三浦さんがこんな話をしてくれた。「ボランティアが縁で毎年会いに来てくれる人たちがいるんだけど、私の表情が年々変わってきていると言ってくれるの。それがとても嬉しい。近くても遠くても、人との繋がりが力になる」。

5年の歳月の間に、人の気持ちも支援のニーズも大きく移り変わってきた。その中でも変わらないのは、やはり人やコミュニティの絆の大切さだろう。PWJは今後も東北のみなさんに寄り添い、必要とされる支援を続けていく。

東北東北
PWJの子ども支援事業「わらすこ探検隊」に参加していた西條なずなさん(2012年8月)、当時の写真を見、「磯観察やかまぼこ工場の見学が楽しかったな。友達もいっぱいできたし、自分の町のことを知れたのがよかった!」と笑顔が広がった(2016年1月)

東北
現在はPWJが運営を支援するNPO法人「びば!!南三陸」の代表理事を務める
鈴木清美さん(左から7番目)と同法人の講座に参加する三浦久子さん(同5人目)

東北
かさ上げ工事が進む南三陸町の街並み

▼関連リンク
報告書完成のご報告(お礼ならびに活動報告)(2016.3.11)

 

ページのトップへ戻る