ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

佐賀の現地活動ルポ

佐賀の現地活動ルポ

【佐賀】事務所のオープニングセレモニーを行いました

2016.9.3

7月8日(金)、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)佐賀事務所のオープニングセレモニーが、同じオフィスに拠点を構えるアジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PAD JAPAN)と合同で開催されました。佐賀県内で活動するCSO(Civil Society Organization = 市民社会組織)、伝統工芸関係者、そして佐賀県・市の関係者など、多くの方々に出席していただき、大変なごやかな会となりました。

佐賀佐賀

佐賀事務所の開設は、佐賀県が取り組んでいるCSO誘致にPWJとA-PAD JAPANが応えるかたちで実現しました。当初は佐賀市内のシェアオフィスの一角を借りて活動をスタートしましたが、このたび、佐賀駅前から南に伸びる大通り沿いのビルに事務所を構えました。駐在スタッフは3人。事務所は佐賀県産の木のぬくもりが感じられる内装で、地元の伝統工芸である諸富家具のテーブルや棚も置かれています。

セレモニーでは地元の人気レストラン「タイマーカリフォルニアキッチン(TIMER CALIFORNIA KITCHEN)」の渾身作が並びました。佐賀の豊かな食を山、川、海をモチーフに事務所の机や棚を器にして供され、出席者からは大好評でした。色とりどりの新鮮でおいしいこだわり料理に、自然と会話がはずみ、出席者一同、改めて佐賀の豊穣を感じたひと時でした。

佐賀佐賀

写真左:「佐賀という地を最大限に活用し新しいモデルを生み出してほしい」と語る山口祥義佐賀県知事、同右:「日本のNGOの先駆けともいえるPWJの佐賀での活動に大いに期待している。連携を強化し新しい活動に取り組んでいきたい」と述べるNPO法人「地球市民の会」の副理事長 大野博之氏(左)

PWJ代表理事の大西健丞は「行政、CSO、企業が連携して佐賀での活動を日本、アジア、世界へと広げたい」と抱負を述べ、PWJと佐賀を想う人々が集い、あらたな一歩を確かめあった、貴重な機会となりました。

佐賀
ピースウィンズ・ジャパン代表理事、アジアパシフィックアライアンス・ジャパン代表理事 大西健丞

ページのトップへ戻る