ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

熊本の現地活動ルポ

熊本の現地活動ルポ

【熊本地震】地元団体を通じた被災ペットの預かり支援を開始

2017.2.28

昨年4月の熊本地震発生以降、迷子になったり飼い主が手放したりした犬猫が数多く保護され、現在も保護施設は被災ペットで溢れています。最近は、仮設住宅が狭いことなどを理由に、被災した飼い主がペットの飼育を断念するケースも出てきています。そういった犬猫の一部は、地元の動物保護団体などが預かり、はぐれた飼い主や里親を探していますが、受入数や返還・譲渡数には限界があることから、有効な打開策が見いだせない状況が続いています。

そこで、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、熊本支援の一環として、地元の団体のドッグレスキュー熊本が行っている、飼い主から一時的に預かった被災ペットを飼育する活動への支援を今年の2月に開始しました。

ドッグレスキュー熊本は、PWJが主な活動地域としている熊本県益城町に隣接した菊陽町に拠点を置き、2011年から殺処分対象の犬を救うことを第一に活動してきました。熊本地震発生後は、飼い主とはぐれたり家が全壊して飼養できなくなったりした犬猫の一時預かりを開始し、ピーク時には、通常の収容可能数20頭を大きく上回る80頭を保護しました。

dsk4元はカフェだった犬舎兼事務所dsk1ドッグレスキュー熊本では57頭の犬猫を飼育

現在は、被災した飼い主から預かっている犬32頭、県の施設から引き出した犬16頭、猫9頭の合計57頭の飼育をスタッフ2人で対応しています。代表の生松義浩さんは、「スタッフが犬舎の清掃や犬の健康管理など日々の業務に追われ、譲渡会を開催する余力がない。特に成犬は里親探しが難しく、年に数頭しか引き取られない」と語り、被災ペットへの対応の影響で、譲渡が思うように進んでいない現状を危惧していました。

dsk3保護された子犬たちdsk2テレビ番組の企画で作られたドッグラン

PWJは、ドッグレスキュー熊本を運営面で支えることで、スタッフへの負担を軽減するとともに、被災した32頭の犬たちが安心して過ごせるようサポートしています。将来的には、保護シェルターや譲渡センターの開設などを通して、熊本県での犬猫殺処分ゼロに向けた取り組みでも連携したいと考えています。

 
▼関連リンク
仮設団地でクリスマスイベントを開催(2016.12.28)
仮設団地に防犯対策の街灯を設置(2016.12.13)
6か月活動報告書完成のご報告(2016.11.19)
仮設住宅入居世帯への生活家電支援(2016.10.27)
ユニットハウス村閉鎖 – 5カ月半の避難所運営が終了-(2016.10.4)
避難者同士をつなぐ料理の力(2016.9.23)
ユニットハウス村の運営を9月も継続(2016.9.7)
ユニットハウス村で納涼祭を開催(2016.8.24)
継続的に寄り添う支援~薬剤師ボランティア~(2016.8.18)
3か月活動報告書完成のご報告(2016.8.9)
短冊に想いを込めて・・・(2016.7.22)
ペットと一緒の避難生活を引き続きサポート~発生から3か月~(2016.7.7)
テントから、より快適なユニットハウスへ~発生から2か月~(2016.6.15)
捜索活動~避難所支援のまとめ映像をアップしました(2016.6.15)
佐賀からの応援~ボランティア派遣~(2016.5.18)
「生きていてよかった」「頑張ろう」を支える支援を~発生から1か月~(2016.5.14)
58世帯203人とペット87匹が避難中(2016.5.11)
テント43張りに173名が避難中、暑さ対策も着々(2016.5.4)
避難所での助け合いや全国からの支援が “生きる力”に(2016.5.3)
新たなテント設置場所決定、入居を開始(2016.5.2)
次のテント設置場所開設へ準備中(2016.4.29)
肌着や果物配布、避難所でピースコーヒー提供(2016.4.27)
避難テントに約140人、ペット約40頭受入中(2016.4.25)
22日の活動報告~トイレ設置、靴下など配布~(2016.4.23)
長期化する避難生活に備えて(2016.4.22)
ふるさと納税で寄付受付開始(2016.4.22)
明日暴風予報のため、バルーンシェルターを一時撤収し、テントにご案内しています(2016.4.20)
避難所にウレタンマットなど搬入(2016.4.20)
ペット連れの方、専用避難所をご利用ください(益城町総合体育館芝生広場)(2016.4.20)
避難所支援:18日の活動報告(2016.4.19)
益城町にバルーンシェルター設置、避難所として運用開始(2016.4.17)
避難所のニーズ調査開始(2016.4.17)
救助犬の靴について(2016.4.17)
救助犬チーム捜索2日目の報告(2016.4.16)
救助犬・レスキューチームが再出動(2016.4.16)
惣領、安永地区で活動中(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが益城町に到着(2016.4.15)
緊急寄付の受付開始(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが広島を出発(2016.4.14)
救助犬・レスキューチームが出動準備開始(2016.4.14)

ページのトップへ戻る