ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

熊本の現地活動ルポ

熊本の現地活動ルポ

【熊本地震】仮設住宅入居世帯への生活家電支援

2016.10.27

熊本地震から半年を迎えた被災地では、9割の仮設住宅が完成しました。最終的に益城町には1562戸、西原村には312戸の仮設住宅が完成する予定ですが、生活に必要な家電製品は備わっていません。そのため、不便な生活を少しでも改善するため、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は益城町と西原村の仮設住宅の全入居世帯を対象に、生活家電の無償提供を開始しました。

提供している生活家電は、事前の聞き取り調査でニーズの多かった掃除機とテレビのほか、行政から提案のあったカビ対策の空気清浄機と寒さ対策のホットカーペットの4点の中から各世帯1点を選んでもらいます。第1次受け付けでは1225件の申し込みがあり、10月中旬から配達が始まりました。

家電を受け取った被災者からは「仮設住宅は床が冷えると聞いていたため心配していたが、ホットカーペットのおかげで暖かく過ごすことができるようになった」「壊れた家電を目の当たりにしてから、また揃えるという気持ちにならなかったが、テレビが届いてから他も揃えたいという気持ちになった」「ペットを飼っているため、空気清浄機は臭いが消せて助かる」「届いたときに子どもが『プレゼントきたよー』と笑顔になったのが嬉しかった」などの声が寄せられ、仮設住宅での生活改善の一助となっています。

熊本熊本
熊本

今後は仮設住宅への入居時期に合わせて申し込みを受け付け、11月中に、希望した全世帯へ配達する予定です。PWJは被災された人々の声に耳を傾け、それぞれのニーズにあった支援を今後も続けていきます。

熊本

▼関連リンク
ユニットハウス村閉鎖 – 5カ月半の避難所運営が終了-(2016.10.4)
避難者同士をつなぐ料理の力(2016.9.23)
ユニットハウス村の運営を9月も継続(2016.9.7)
ユニットハウス村で納涼祭を開催(2016.8.24)
継続的に寄り添う支援~薬剤師ボランティア~(2016.8.18)
3か月活動報告書完成のご報告(2016.8.9)
短冊に想いを込めて・・・(2016.7.22)
ペットと一緒の避難生活を引き続きサポート~発生から3か月~(2016.7.7)
テントから、より快適なユニットハウスへ~発生から2か月~(2016.6.15)
捜索活動~避難所支援のまとめ映像をアップしました(2016.6.15)
佐賀からの応援~ボランティア派遣~(2016.5.18)
「生きていてよかった」「頑張ろう」を支える支援を~発生から1か月~(2016.5.14)
58世帯203人とペット87匹が避難中(2016.5.11)
テント43張りに173名が避難中、暑さ対策も着々(2016.5.4)
避難所での助け合いや全国からの支援が “生きる力”に(2016.5.3)
新たなテント設置場所決定、入居を開始(2016.5.2)
次のテント設置場所開設へ準備中(2016.4.29)
肌着や果物配布、避難所でピースコーヒー提供(2016.4.27)
避難テントに約140人、ペット約40頭受入中(2016.4.25)
22日の活動報告~トイレ設置、靴下など配布~(2016.4.23)
長期化する避難生活に備えて(2016.4.22)
ふるさと納税で寄付受付開始(2016.4.22)
明日暴風予報のため、バルーンシェルターを一時撤収し、テントにご案内しています(2016.4.20)
避難所にウレタンマットなど搬入(2016.4.20)
ペット連れの方、専用避難所をご利用ください(益城町総合体育館芝生広場)(2016.4.20)
避難所支援:18日の活動報告(2016.4.19)
益城町にバルーンシェルター設置、避難所として運用開始(2016.4.17)
避難所のニーズ調査開始(2016.4.17)
救助犬の靴について(2016.4.17)
救助犬チーム捜索2日目の報告(2016.4.16)
救助犬・レスキューチームが再出動(2016.4.16)
惣領、安永地区で活動中(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが益城町に到着(2016.4.15)
緊急寄付の受付開始(2016.4.15)
救助犬・レスキューチームが広島を出発(2016.4.14)
救助犬・レスキューチームが出動準備開始(2016.4.14)

ページのトップへ戻る