ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

東京の現地活動ルポ

東京の現地活動ルポ

グローバルフェスタ2013に出展しました

2013.10.11

10月5日(土)6日(日)の週末、日比谷公園で開催された国際協力への理解と参加を呼びかけるイベント「グローバルフェスタ2013」に出展しました。国際協力を実践する多くの団体(国際機関、NGOなどの機関・団体、企業等約240団体)が出展し、2日で約78,000人の来場者数を達成したそうです。

IMGP0364_RIMGP0115_R
写真:ピースウィンズ・ジャパンの出展ブース

ピースウィンズ・ジャパンのブースでは、ボランティアさんたちを中心に、シリア難民支援活動のプレゼンテーション、難民擬似体験ワークショップ、東ティモールピースコーヒーの販売を行いました。

IMGP0389_RIMGP0414_R
写真:東ティモールピースコーヒーの販売風景。豆挽き体験も実施し、挽きたてのコーヒーの香りを嗅いでいただきました。

IMGP0380_RIMGP0483_R
IMGP0494_RIMGP0372_R
写真:ブースの奥ではシリア難民支援活動のプレゼンテーションや難民擬似体験ワークショップを実施。多くの方にご参加いただきました。

また、「もし今あなたが住む家を追われ難民にならなくてはいけないとしたら、何を持って行きますか?一つだけ書いて下さい」という質問を来場者の方にお聞きして、Facebookにメッセージを掲載する企画も実施。「難民になる」という状況を想像しながら、何が必要なのか、何が大切なのかについて考えていただきました。

IMG_0292_RIMG_0256_R

他の方の回答はこちらのアルバムでご覧いただけます。
⇒10月5日のアルバム
⇒10月6日のアルバム

また、土曜日にはサブステージで「難民擬似体験ワークショップ」を事業部イラク担当スタッフが行い、たくさんの方に難民問題について考えていただきました。

IMGP0174_RIMGP0280_R
写真:事業部イラク担当スタッフがサブステージでワークショップを開催

IMGP0251_RIMGP0310_R
写真左:参加者同士で家族になり、どんな荷物を持っていくか相談
写真右:ピースウィンズのスタッフの話に真剣に耳を傾ける参加者

この企画に参加してくださったご来場者の方々より、今後ニュースなどで難民の問題を目のした時に、これまでよりも身近なこととして捉えることができるという感想をいただきました。

IMGP0501_RIMGP0503_R

⇒イベントのその他の写真アルバムへ

ピースウィンズ・ジャパンのブース運営を手伝ってくださったボランティアの皆さんの感想などは、後日ボランティアページに掲載します。お楽しみに。

ページのトップへ戻る