ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

TOHOKU 東北(東日本大震災支援)

東北(東日本大震災支援)での活動

現在の活動国・地域

緊急支援/復旧・復興支援活動

2011年3月〜

地震発生から2時間で出動を決定し、18時間後にヘリで被災地に向かい、1ヶ月間で避難所に食糧や衛生用品、毛布やストーブなど支援物資160トン配布しました。その後も、地域の経済復興や未来を担う子どもたちを育む環境づくり、今後の防災への備えなど、地元の団体や自治体と連携しながら、地域に根ざした復興支援を続けています。
東北支援活動 これまでのプレスリリース一覧へ

現地協力者からのメッセージ

南三陸町の施設建設で協力する元南三陸町

シルバー人材センター

事務局長の 鈴木清美さん

震災後、センターの再建を断念し、2013年秋に解散しました。高齢者への仕事のあっせんがなくなり、水産加工業などにも影響が出ています。以前の友の会では、技を持った人が仲間に伝え、みんないきいきしていたけど、その活動もなくなって、みんなバラバラに。自宅にこもる人も少なくありません。早く新しい拠点ができてほしいと思っています。

シルバー人材センターの鈴木清美さn

東北(東日本大震災支援)
担当スタッフより

東日本大震災支援で南三陸町を担当している西城です。南三陸町出身の私は、幼いころから元気なお年寄りたちの姿を見て育ちましたが、津波は、お年寄りの活動の場を奪っていきました。私の現在の目標は、お年寄りや被害を受けた方々がが以前のように生活の中で楽しさを見いだせる場を作り出すことです。これからも継続的なご支援よろしくお願いします。

東北(東日本大震災支援)担当スタッフ

東北での活動を支援する

東北(東日本大震災支援)の現地活動ルポ

【東北支援】3・11、南三陸のいま

2017.3.11

被災地でまた一つ、「復興」が実を結んだ。 ひな祭りの3月3日、宮城県南三陸町。「南三陸さんさん商店街」再開の式典が開かれた。約2万平方メートルの広い高台にずらりと並ぶ鮮魚や海苔、カフェなどの28店が一斉にオープンした。そ [...]

さんさん

【東北支援】報告書完成のご報告(お礼ならびに活動報告)

2016.3.11

2011年3月~2016年1月末までに、PWJの東北事業には10230の個人・団体の皆さまからご寄付、ご支援をいただきました。皆さまの温かいご支援、ご協力に心より感謝申し上げます。この度、5年間の活動報告、会計報告をまと [...]

東北

【東北支援】被災地のいま-震災から5年-

2016.3.11

「波にのまれ、水の中で20秒ぐらい息ができず死を覚悟した。流されながら、たまたま見つけた雨どいに掴まって助かった。街が津波に壊されていく音が今も耳に残っている」 宮城県南三陸町シルバー人材センターの事務局長だった鈴木清美 [...]

東北

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る