ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

saga 佐賀

佐賀での活動

現在の活動国・地域

地域活性化支援

2015年12月〜

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、国内3カ所目の拠点として、2015年12月に佐賀市に事務所を設置しました。佐賀県、地域のNPO、企業などと連携し、国際協力や災害救援の新たな拠点とすることに加え、地域活性化の一環として、佐賀県内の伝統工芸の支援活動も行います。活動では、東北の伝統工芸支援で培った国際的なネットワークや20年間のNGO活動で得たノウハウを生かし、海外市場も狙える商品開発などの支援を進めていく計画です。 また、同じ佐賀市に本部を置いて設立された、PWJの姉妹団体であるアジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PAD JAPAN)との連携も強化して活動に取り組みます。

佐賀の方からのメッセージ

肥前名尾和紙 谷口裕次郎さんと文代さん

300年以上の歴史を持つ佐賀の肥前名尾和紙ですが、現在、和紙の需要はどんどん落ち込んできている状況です。代々、継承されてきた技術が、消えてしまうことがないように、国内のみならず、海外でも身近に手に取っていただけるような品物や、後世に残る修復のような新たな分野に活かされることを望んでいます。

肥前名尾和紙 谷口裕次郎さんと文代さん

佐賀担当スタッフより

佐賀事務所スタッフの吉次です。これまでの経験を活かし、新たな視点から伝統工芸振興に取り組んでいます。伝統工芸に携わる方々と意見交換をしながら、皆さんにとってどのような支援が必要なのかといったニーズを把握し、地域の皆さんとともに地域活性化に向けて歩んでいきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

佐賀担当スタッフより2

佐賀での活動を支援する

佐賀の現地活動ルポ

【佐賀】ピースクラフツSAGA、プロダクトデザイナーと伝統工芸品の商品開発スタート [第1回:副島硝子工業 ]

2018.4.4

“佐賀の青”を宙吹きガラスで表現[副島硝子工業] 澄川さんが描いたファーストスケッチ プロダクトデザイナーに商品デザインを依頼 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、佐賀の伝統工芸支援事業「ピースクラフツSAGA」の活動 [...]

副島硝子工業_打ち合わせ

【佐賀】ファミリーハウスの立ち上げを支援、県内で初

2017.10.16

佐賀市に事務所を置くピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)は5月、佐賀大学鍋島キャンパス(佐賀市鍋島)内にオープンした「ファミリーハウス佐賀」の立ち上げを支援しました。 【写真説明】「よかことしよう会」の鈴木智恵子さん= [...]

IMG_4178s

【佐賀】 ピースクラフツSAGA、仏レベラションに出展。 佐賀のファインクラフトに注目集まる。

2017.5.17

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が佐賀で行っている伝統工芸支援事業ピースクラフツSAGAは、パリで開催された国際工芸フェア「レベラション2017」に出展しました。この試みは、ピースクラフツSAGAが推進する海外市場開拓 [...]

会場は1900年のパリ万博の際に建てられたグラン・パレ。photoはJulie Rousse撮影

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る