ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

【東北支援】 住民帰還待つ福島・浪江町の学校に「灯りを」

2014.5.3

福島県浪江町は、東日本大震災による福島第一原発事故により全住民が町を離れたままです。町内にある小中学校にも子どもたちの姿はなく、震災で被害を受けた住宅の建材などの置き場になっている学校もあります。住民たちが戻る日まで「灯 [...]

幾世橋小

【東北支援】高齢者ら集い「エコ平板」創作体験

2014.3.24

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は現在、宮城県南三陸町で高齢者らが集い、活動するための施設を建設しています。施設は夏までに完成する予定ですが、すでに地域の住民が中心となって「いぶし銀倶楽部」というサークルがつくられ、近 [...]

エコ平板

【東北支援】震災3年:支援を振り返る1/後編 「PWJは『ダメ』とは言わない。常に『やってみます』と」

2014.3.11

▼前編「灯油、ストーブ、学用品… 本当にうれしかった」から続く 「今は支援を受けよう、大人になったらお返ししよう」 2011年3月11日の東日本大震災がなければ、5月に例年通り、実施されていたはずの宮城県・気仙沼市立気仙 [...]

震災について話す齋藤さん

【東北支援】震災3年:支援を振り返る1/ 前編「灯油、ストーブ、学用品…本当にうれしかった」

2014.3.11

東日本大震災から3年がたちました。3月11日をすぎて全く新しい1日が始まるわけではありませんが、大きな節目であることは間違いありません。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は震災発生直後から緊急支援を開始し、その後も支援を [...]

気仙沼中学校の前校長・齋藤さん

【東北支援】震災3年:ピースウィンズ・ジャパンの2013年の取り組み

2014.3.8

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2013年、東日本大震災の被災地において、主に4つの活動に取り組みました。 1. 高齢者らが集い活動する場を再び 2. 地元産品の販売・レストラン・体験で地域再生を 3.「ふるさと学習 [...]

三井化学株式会社「ふしぎ探検隊」の協力をいただいた「ふしぎ化学実験」

【東北支援】震災3年:お礼ならびに2013年の活動・会計報告

2014.3.7

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)に対するご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。 東北地方の太平洋沿岸をはじめとする広範な地域に甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生から、2014年3月11日で3年を迎えます。地震や津 [...]

知り合いとお茶を飲みながら雑談する「お茶っこ」

【東北支援】移動販売車、引き続き快走!

2014.3.3

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、岩手県陸前高田市で東日本大震災発生2か月後の2011年5月、宮城県南三陸町では同年10月、移動販売車を提供しました。被災した商店主らの事業再開を支援するとともに、仮設住宅に入居した人 [...]

「仮設住宅にもなじみ客」というマルカツ佐々木商店

【東北支援】福島で被災した犬や猫を保護・飼育

2014.2.21

東日本大震災では、多くの犬や猫も痛手を負いました。とくに原発事故に見舞われた福島では、飼育が困難になった犬・猫が多くいます。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、NPO法人犬猫みなしご救援隊(広島市安佐北区)、一般社団法 [...]

福島で保護された犬

高齢者らが集い活動する場を再び

2014.1.10

「毎日10時ごろからお昼をはさんで2時ごろまで、グラウンドゴルフに行ってた」 「毎週集まって、陶芸をやり、コーヒーカップや一輪挿しを作ってた」 そんな震災前の日常の一部を取り戻し、町や地域コミュニティの再生につなげるため [...]

IMGP3480_R

地元の産品、販売・レストラン・体験で地域再生を支援

2013.12.27

東北の沿岸部には、「森と里と海」のつながりがありました。このつながりのなかで生まれた穀物やクルミ、牡蠣などを使った商品を開発し、生態系の保全に取り組みながら、雇用や地域再生を図ろうという取り組みが動き出しています。こうし [...]

4面_クッティー

ページのトップへ戻る