ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

東北(東日本大震災)の現地活動ルポ

【東北支援】原発事故で避難の福島・楢葉町の学校に“希望の灯り”と“安心の灯り”

2014.10.19

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、J.S.Foundationと協力し、東日本大震災による福島第1原発事故のため、ほぼ全域が避難指示解除準備区域になり、全町避難している福島県楢葉町の2つの校舎に太陽光発電による街灯を [...]

ソーラー街灯

【東北支援】南三陸町で企業とコサージュ作り体験教室を開催!

2014.10.9

被災地のコミュニティの再生と活性化を促そうと、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は9月6日、レディースフォーマルウェアメーカー「株式会社東京ソワール」(本社=東京都港区)の協力で、ドレスや衣服に着ける花飾り「コサージュ」 [...]

コサージュ作り

【東北支援】「子どもたちが地域で遊ぶ機会を」と夏休みのイベントを支援

2014.9.26

東日本大震災の発生から3年半がたちました。被災地ではかさ上げ工事や復興公営住宅の建設などが進む一方、子どもたちの遊びを取り巻く状況には、未だに震災の影響が残っています。震災前は地区の子ども会が実施していたキャンプがなくな [...]

東北・子供遊び

【東北支援】南三陸の元気さと実情を東京・六本木ヒルズで発信

2014.9.19

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が宮城県南三陸町で建設を進めている高齢者らの活動施設「晴谷驛(ハレバレー)」について、より多くの人に使ってもらうための方法を考える学習会が8月29日、東京・六本木ヒルズで開かれました。ゴ [...]

ゴールドマン

【東北支援】 東京報告会:PWJの活動とともに被災地の今を発信

2014.9.4

報告するPWJ東北事業代表の角免 東日本大震災の発生から間もなく3年半。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の取り組みとともに被災地の現状を首都圏はじめ被災地外にも発信していこうと、PWJでは7月31日、東京・青山のFIA [...]

東北報告会

【東北支援】支援のその後~機材を提供した気仙沼向洋高校~

2014.8.5

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2012年末、米国の姉妹団体ピースウィンズ・アメリカと協力し、被災した宮城県気仙沼向洋高校に視聴覚教室用機材、化学室用実験機材、そしてラグビー部練習用器具を提供しました。被災から3年、 [...]

気仙沼向洋高校

【東北支援】「エコ平板」創作を定期実践中!

2014.7.15

宮城県南三陸町で、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が建設中の住民向け活動拠点「晴谷驛(ハレバレ―)」。現在、完成を待つ高齢者らが、定期的に、公園や街路、建物の床、壁面などを飾る「エコ平板」を創作しています。グループの愛 [...]

エコ平板

【東北支援】南三陸町歌津地区の6浜にソーラー街灯を設置

2014.7.6

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)はこのほど、宮城県漁業協同組合歌津支所やピースウィンズ・アメリカと連携し、津波によって大きな被害を受けた同県南三陸町歌津地区の田ノ浦、港、石浜、名足(なたり)、馬場、伊里前の6つの漁港に [...]

ソーラー街灯

【東北支援】高齢者や地域の人たちの拠点「晴谷驛(ハレバレー)」建設で安全祈願祭

2014.6.24

2011年3月の東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町では、高齢者の軽作業などのあっせんやサークル活動の拠点となっていた町シルバー人材センターが全壊し、多くの取り組みが中断されました。ピースウィンズ・ジャパン(P [...]

安全祈願祭

【東北支援】震災3年:支援を考える2/ 「PWJの支援で、『これからも漁業やっていこう』と」

2014.6.12

三陸は国内のワカメ生産量の3分の2が採れるワカメの大生産地。2月ごろから続けられてきた今年のワカメの収穫も、5月まででほぼ終わりました。震災以降、韓国産などが流入し、また今年は生育不良だったこともあり、生産量、価格の面で [...]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ページのトップへ戻る