ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

東ティモールの現地活動ルポ

東ティモールの現地活動ルポ

現地スタッフが農協研修のため来日

2007.6.1

コーヒー生産者組合「カフェ・タタマイラウ」の組織強化を進めるピースウィンズ・ジャパン(PWJ)東ティモール事務所の現地スタッフ、ジュスティーノ・ダ・コスタ・ソアレスが来日し、2カ月あまりにわたって、日本の組織化・高度化さ [...]

現場に入れなくても「心はいつも家族の一員」

2007.5.17

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)がコーヒー生産者支援を続けているエルメラ県レテフォホ郡に、今年もコーヒー豆の収穫の時期が迫ってきました。2006年春に首都ディリで起きた騒乱から、ちょうど1年。痛手を乗り越えて活動してき [...]

組合の女性グループが活動開始

2007.4.19

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が支援しているエルメラ県レテフォホ郡のコーヒー生産者組合「カフェ・タタマイラウ」に女性グループが誕生し、独自の活動を始めました。これまで社会との接点が少なかった女性たちが、仲間と仕事をと [...]

PWJ牛田眞也子が東ティモール選挙監視団に参加へ

2007.3.27

東ティモールでは、新しい選挙法(2006年12月制定)の下での初めての大統領選挙が4月9日に実施されます。国際平和協力法に基づく、東ティモール選挙監視国際平和協力業務の実施が3月27日に閣議決定され、官民合同の東ティモー [...]

「カフェ・タタマイラウ」ロゴは北島さんの作品に

2007.3.2

東ティモール・エルメラ県レテフォホ郡のコーヒー生産者組合「カフェ・タタマイラウ」のロゴが決定しました! ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が呼び掛けたロゴデザイン募集には、予想を上回る78人の方から112作品ものご応募が [...]

教育現場に“平和の芽”を

2007.2.23

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2006年春に発生した東ティモール騒乱による緊急支援の一環として、2006年9月から国際平和協力センター(IPAC)と協力して、対話促進のための教育支援の取り組みを続けています。教育の [...]

コーヒー生産者支援事業、多くのサブグループが野菜栽培で成功

2007.1.16

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が、東ティモールのエルメラ県レテフォホ郡で行っているコーヒー生産者支援事業では2006年、もう1つの大きな「収穫」がありました。前年までモデル農場内だけで行ってきた試験的な野菜栽培に、コ [...]

2006騒乱を乗り越えて~その2 再入国

2007.1.9

現地情勢の悪化のため、2006年5月26日に東ティモールを出国してから4カ月近くなった9月中旬、現地はかなり落ち着きをみせてきました。一方、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、今回の騒乱をきっかけに避難した人たちのキャ [...]

コーヒー豆、無事に神戸港へ!

2003.12.26

10月末、日本に向けてディリ港を出港したコーヒー豆が、12月7日無事に神戸港に到着。通関の手続きも完了しました。 1カ月余りの航海期間中は、「台風に遭って、船が沈没するかも知れない」などと、担当スタッフは緊張続きでした。 [...]

日本に向けコーヒー出港

2003.11.8

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)の指導で、レテフォホ郡内の4カ村の農家35世帯が収穫・精製したコーヒーの生豆が10月31日、ディリ港から神戸港に向けて向けて出港しました。コーヒーは12月、神戸に到着し、検疫、税関などの [...]

ページのトップへ戻る