ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

スリランカの現地活動ルポ

スリランカの現地活動ルポ

洪水被害の実情に触れて

2011.3.4

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、大雨洪水被害を受けたスリランカ東部のバティカロア県及びトリンコマレ県にて引き続き緊急支援を実施しています。現地での緊急支援の様子を記録に残すため、2月5日から13日の間、現地を訪れま [...]

大雨洪水被害へ緊急対応中 その2

2011.2.3

 1月前半にスリランカを襲った大雨による洪水・冠水被害。現地では、「1957年以来の大洪水だ」「2004年の津波以降、すっかり気候が変わってしまったのではないか」「例年なら、1月末には雨季が終わるのに…」と心配する声が絶 [...]

大雨洪水被害へ緊急対応中

2011.1.14

スリランカでは、年末から大雨が続き、各地で大きな被害が出ています。全国で約100万人の方々が被災し、学校やコミュニティセンターなどへ避難している方々が、約20万人にのぼっています。 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、 [...]

帰還後の生活を支援(2) -支援する側の困難・葛藤-

2011.1.7

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)は、東部トリンコマレ県での仮設住宅(シェルター)事業 に引き続き、帰還民が帰還先での生活を安定させることを目的とした生計支援を2010年7月1日より開始しています。 この事業では、2 [...]

北部でのシェルター支援を開始

2010.10.8

内戦中は、戦火を逃れたりして、北部のあちこちを転々として生活していた人々が、昨年5月の終戦以降、収容されていたキャンプから故郷に戻ってきています。

帰還後の生活を支援(1)

2010.9.17

ピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)は、東部トリンコマレ県でのシェルター配布事業に引き続き、帰還民が帰還先での生活を安定させることを目的とした生計活動支援を7月1日より開始しました。

支援事業を実施するにあたって…

2010.7.30

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は7月よりこれまで支援活動を行ってきたスリランカ東部での活動に加え、新たにスリランカ北部での支援活動を始めます。

支援事業地を訪ねて

2010.7.26

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、スリランカの東部トリンコマレにて2009年12月から帰還民支援を展開しています。2010年6月に、本部の事業担当の栗本が、モニタリングのため現地を訪問しましたのでご報告します。

生まれ故郷で生活できる喜び

2010.4.14

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、スリランカ東部トリンコマレ県クッチャベリ郡に続き同県のキンニヤ郡で帰還民に対する仮設住宅支援を実施しました。

帰還後の栄養サポートへ豆や魚など配布

2010.2.24

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が活動するスリランカ東部のトリンコマレ県には、内戦の影響で避難していた約2600家族が故郷に戻ってきています。国連機関が主食の米などを配布していますが、それだけでは栄養が偏ってしまうため [...]

ページのトップへ戻る