ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

イラクの現地活動ルポ

イラクの現地活動ルポ

バグダッドでの支援も開始 キルクーク、モスルでも活動

2003.5.22

ピースウィンズ ・ジャパンでは、イラク戦争やフセイン体制崩壊に伴う現地の混乱状況を受けてクルド人自治区外への活動拡大を検討してきましたが、旧中央政府側のモスル、キルクーク、バグダッドで相次ぎ、医療分野を中心とした緊急支援 [...]

旧中央政府側にも支援を拡大へ キルクーク市内の調査を開始

2003.4.15

イラク・フセイン体制の崩壊に伴う行政機能・社会システムの混乱状況に対し、ピースウィンズ ・ジャパンでは、これまで中央政府の統治下にあった北部3県(キルクーク県、モスル県、ティクリット県)での支援活動を検討しています。ピー [...]

国内避難民の調理・暖房を支援 計119世帯に灯油を配給

2003.4.14

緊急時の支援活動の一環として4月8日、ピースウィンズ ・ジャパンは、灯油の不足に悩む国内避難民のため、国内避難民キャンプ1ヶ所と、3つの公共施設で生活している避難民、計119世帯に灯油の配給を行いました。受け取った家族か [...]

「イラク国民にとって記念すべき日」 街中に歓声と踊りの輪

2003.4.11

フセイン政権が首都バグダッドの支配権を失ったと報道された4月9日、イラク北部・クルド人自治区では、ニュースを知った多くの人たちが街に繰り出しました。戦争はまだ続き、避難先に滞在したままの人も多く、食料不足や物価上昇などの [...]

「アル・ジャジーラは真実を伝えていない」 アラブメディアへのクルド人の思い

2003.4.8

アル・ジャジーラをはじめとするアラブ系のテレビ局がバグダッドなどの独自映像を発信し続ける中、「アラブ系テレビは真実を伝えろ」「なぜハラブジャの悲劇を伝えない」などとその報道姿勢を批判する集会が4月5日、イラク北部クルド人 [...]

仮設トイレ建設チームが始動 避難民キャンプ設営などを想定

2003.3.24

キルクークやモスルなどに対する米軍の空爆も続き、多数の国内避難民の発生が懸念されるなか、避難民キャンプなどで仮設トイレを建設するチームの第1陣が発足し、スレイマニア市内で24日、トレーニングを開始しました。ピースウィンズ [...]

戦争は土と炎の色、その先に希望も 画家イスマイル・ハヤットの思い

2003.3.23

戦争の恐怖と生命の重さを、赤と黒を基調に描いた「Ghost Of Next War」 「土の色と炎の色、それにやはり土色をした立体的な仮面のイメージが、私の心を覆っている。色彩の乏しい世界だ」   もっとも知られたクルド [...]

「戦争が終わるまで戻れない」と嘆く国内避難民も 国内避難民の状況を確認

2003.3.22

【3月22日スレイマニア】 「イラク中央政府との境界線を越え、自治区に入った多数の国内避難民が生活している村がある」との情報が入りました。情報が事実であれば、すぐに医療やシェルター(住居)の支援が必要になる可能性がありま [...]

自由のための犠牲になるなら・・・

2003.3.21

思い出の詰まった街が空爆され、炎が上がっています。バグダッドなどの映像を見ながら複雑な思いを抱くクルド人も少なくありません。 21日夜(日本時間22日未明)、イラクの首都バグダッドが英米軍による大規模な空爆を受けました。 [...]

「イラク危機が現実のものとなりました」 【イラク北部・クルド現地報告 3月20日】

2003.3.20

空爆が始まった5:40分ごろ、スレイマニアでは雨が断続的に降り続いていました。雷が1-2分おきに鳴り響き、戦闘機の通過の音かと間違えるほどでした。 最初の空爆はバグダッド周辺に行われたと伝えられていたため、爆撃の音や煙な [...]

ページのトップへ戻る