ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時

イラクの現地活動ルポ

イラクの現地活動ルポ

【イラク】国内避難民の仮設住宅団地インフラ整備を実施

2016.7.13

シリア内戦の長期化に伴い、イラクでは約25万人のシリア難民を受け入れているのみならず、イラク国内における戦闘から約330万人が避難し、そのうち、約95万人のイラク国内避難民がイラク北部のクルド人自治区において避難生活を余 [...]

イラク

【イラク】クルド自治区アルビル市の女子中学校の校舎修復を終えて

2016.5.19

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)はイラク北部のアルビル市とドホーク州において、小中学校3校の改築・修繕、教育環境の改善に取り組んでいます。4月下旬の晴天の日、PWJが支援をするスノバー女子中学校(スノバー校)に、在イラ [...]

イラク

【イラク】越冬支援のため、シリア難民とイラク国内避難民に灯油を配布

2016.3.29

日本では春の兆しが目に見える頃だと思いますが、こちらイラクの山間部では3月の現在も雪が降っており、冷え込みは4~5月まで続きます。ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、紛争で複雑な状況にある人々の生活の質を向上させるため [...]

イラク

【イラク】国内避難民に対するニーズ調査を実施

2015.9.28

近年のシリア内戦により、何百万人ものシリア人が、戦火を逃れるために隣接する国々へ避難し、異国の地で難民として厳しい生活を送っています。しかし、シリア難民を受け入れた国々の状況も、決して楽観視できるものではありません。イラ [...]

イラク

【シリア難民支援】学校保健プログラムの報告

2015.3.9

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2014年3月から2015年1月までに、イラク北部に位置するクルド自治区ドホーク州、アルビル州およびスレイマニア州のすべてのシリア難民キャンプにおいて、眼科検診や聴力検査といった学校保 [...]

写真左:検診を受けるサファちゃん

【イラク】500万もの人びとが支援を必要としています

2014.12.19

イラクでは、長引く国内の混乱により、特に北西部地域で多くの人々が避難を余儀なくされています。また、内戦の終わらないシリアからも難民流入が続いており、現在、イラクでは500万に上る人びとが支援を必要としています。 現在、ピ [...]

DSC_0733

【シリア難民支援】子どもたちに夏服と靴の配布を開始

2014.7.31

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は7月27日、イラク北部ニナワ州のアクレ難民キャンプで5歳から17歳の子ども494人を対象に夏服と靴の配布を開始しました。 2013年8月の難民大量流入後に新設された難民キャンプで生活す [...]

3

【シリア難民支援】難民キャンプで冷蔵庫を配布

2014.7.11

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は6月下旬、イラク北部ニナワ州のアクレ難民キャンプにおいて、同キャンプに居住するシリア難民全世帯を対象に冷蔵庫の配布を行いました。 イラクでは夏本番を目前に控えており、ここ数週間、日中の [...]

シリア難民支援・冷蔵庫配布

【イラク】145名の校長・副校長が学校運営能力向上トレーニングを修了

2014.4.28

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が昨年5月に現地教育局の要請を受けて開始したクルド人自治区ドホーク州における学校運営能力向上トレーニング事業が、ついに完結を迎えようとしています。 昨年10月の現地活動ルポでお伝えしたと [...]

修了証授与

【シリア難民支援】難民キャンプで学校検診を開始

2014.3.13

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、イラク北部アルビル州のクシュタパ難民キャンプの学校で、2月26日から児童の集団検診プログラムを開始しました。 このプログラムは現地保健局およびWHO(世界保健機関)との協働で実施して [...]

★Qushtapa2 26FEB2014 (1)

ページのトップへ戻る