ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して海外国内問わず支援活動を行うNGOです。

特定非営利活動法人(認定NPO)ピースウィンズ・ジャパン
営業時間:平日9時-18時(支援受付窓口:平日9時〜17時)

ピースウィンズ・ジャパンの活動地域・内容

復旧・復興支援人びとの安心した暮らしのために
「国をつくる、町をつくる」を支援。

いのちを支える緊急支援に引き続き、災害や紛争により何もかも破壊された土地で、安定した暮らしを再開できるようにサポートします。

PWJが行う復興支援

給水施設、トイレ、学校、病院などの建設、修復

本来であれば、その国の政府が行うものですが、紛争、災害後には政府が十分に機能していないことも多く、計画策定が遅れたり、地域的な偏りが生じたりすることもあります。PWJは、地域復興の足がかりになるよう、人びとの暮らしに欠かせない社会基盤の復旧を行っています。

給水施設、トイレ、学校、病院などの建設、修復

経済復興を後押し

住民たちが自らの生計手段を確立し、地域に根ざした経済活動を行えるよう 事業再開に必要な備品などを配布しています。

経済復興を後押し

たとえばこんな支援を行なってきました

安全な水を提供

アフリカ最長の激しい内戦を経て2011年に独立した南スーダンでは、国土は荒廃し、独立後も社会基盤の整備は進んでおらず、今なお住民が帰還できる状況にない地域もあります。PWJは、特にアクセスが困難でニーズが極めて高い地域に、井戸の掘削や、衛生施設、教育施設などを建設し、生活環境を整えています。

安全な水を提供

東北の水産業をサポート

宮城県南三陸町の歌津漁協を通じて、わかめ加工用の備品を提供し、わかめ塩蔵を行う女性グループの雇用機会の確保を図りました。2012年は、震災前の6割まで生産量が戻りました。2013年は、震災前の9割ほどまで回復する見込みです。
また、同じく南三陸町の漁協を通じ、あわび・うに漁の漁具代の一部助成を行っています。

東北の水産業をサポート

「またこの仕事に戻れると思うと、とても楽しみ」

わかめの加工に携わる女性

「夫を津波で亡くし、家や事務所などもすべて失くしてしまいました。はじめ2か月間は、仮設住宅の中にこもって何もする気が起きませんでした。けれども、少しずつ思ったのです。立ち上がって、これから自分の人生を再び歩いていくために、この地域でがんばっている女性たちを支える仕事をしようということを。結婚以来、35年以上ずっとわかめ加工に携わってきました。またこの仕事に戻れると思うと、とても楽しみです。

わかめの加工に携わる女性

1日50円から支援に参加する

復旧・復興支援活動に関連した現地活動ルポ

【熊本地震】地震から1年、仮設団地で追悼の明かり

2017.5.8

熊本

4月14日、熊本地震の「前震」から1年を迎えました。 2日後の「本震」も含め、震度7の揺れが二度も襲った熊本県益城町では、震災関連死を含め37人が亡くなりました。この日に合わせ、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)がコミュ [...]

灯籠に火をともし、犠牲者を追悼する被災者たち

【イラク】シェルター建設支援で避難生活を改善

2017.4.11

イラク

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は昨年5月以降、国内避難民やシリア難民であふれるイラク北部で、避難生活の支えとなるシェルターを建設する支援活動を続けてきました。マイナス10℃前後にもなる厳しい寒さや風雨をしのぎ、安全や [...]

建設途中で放置された廃墟に住み着く難民たち=2014年8月10日、イラク北部ドホーク州

【熊本地震】ひなまつりイベントを仮設団地で開催

2017.4.9

熊本

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は2~3月、熊本県益城町のテクノ仮設団地と馬水東道仮設団地で、住民たちが企画したひなまつりイベントを支援しました。 益城町ではいまも仮設住宅の入居者を受け付けていますが、途中から入居した [...]

DSCN1242

現地活動ルポを全て見る

ページのトップへ戻る